Loading

事務職

 

 

個人個人で頑張るのではなく、
チームとして仕事に取り組む会社です


2008入社

人との関わりがある職場で働きたかった

事務職を希望していたのですが、大学の時に接客のアルバイトをしていたので、できれば人との関わりを大切にできる職場がいいと思っていました。
また土日休みであることとも1つの理由でした。

入社してみて、思っていた「人との関わり」とは少し違いましたが、お客さまからお問い合わせの電話がよくかかってきたり、支店にお越しいただくお客様も多いので、事務職ではありますが、思っていた以上に多くの方と関わらせていただく機会が多いです。

また、新社会人として入社したため、それまで親以外に社会人の方と関わることが少なく、社会人の人たちとうまく仕事ができるのかという、漠然とした不安はありましたが、支店はとても雰囲気が良く、不安はなくなりました。

お客様との信頼関係構築が仕事をうまく進めるコツ

とにかく覚えることが多い仕事ですが、業務をこなしながら徐々に覚えていきました。
自分が担当する業務だけではなく、前後の工程や、他の職種の人がどのようなことをしているかの理解が進むと、より覚えることができるようになったと思います。

また社内の研修も充実しており、各専門分野の担当社員がそれぞれ分かりやすく説明してくれるため、理解しやすいのではないでしょうか。

現在の仕事内容は、事務処理がメインです。仕入先への受注・発注、得意先への請求、仕入先への支払業務をPCソフトを使用して作業しています。その他、電話対応やカタログ整理・備品補充などの雑務も行っています。

お客様から届いた受注をもとに、メーカーさんに発注する業務をメインに担当させていただいているのですが、発注には締め切り時間があるため、時間厳守で一日の業務をこなすことを心がけています。

印象に残っている出来事として、お客様からのご要望でどうしても納期に間に合わせてほしい商品があり、仕入先と納品日の調整をして、何とか納期に間に合わせることができたことを覚えています。

仕入先のメーカーさんには無理なお願いをしてしまったのですが、無理を聞いていただけたのは、普段からの関係づくりができていたからではないかと考えています。

別のお客様なのですが、最初は電話に出ても担当者に取り次ぐだけだったのが、「こういう用件を言付けたい」と仕事の内容を教えていただけるようになったときに、お客様からついに信頼していただけたのかな、と嬉しくなりました。

チーム全体として仕事に取り組んでいます

会社として、社員全体が親睦を深め、協力しあって仕事をする雰囲気づくりをしています。
仕事のやり方も、個人個人で頑張るのではなく、チームとして仕事に取り組んでいますので、とても働きやすい環境だと思いますので、ぜひ一緒に働きましょう!

 

NEXT→次のインタビューへ

 

PAGE TOP