Loading

新卒

 

 

教育制度がしっかりしている会社です


2018入社

社長から将来に向けた熱い想いが伝わってきました

元々商社への就職を希望しており、合同企業説明会で三富の存在を知りました。漠然とですが、BtoBの仕事、営業の仕事に携わってみたいと考えていたので、エクステリア専門商社ということで気になったことを覚えています。

実際にこの会社で働きたいと実感したのは、内定を頂いた後に行われた社長や役員との食事会の時でした。
そこで社長より、会社の方針や社員に対する考えを直接聞くことができました。働き方改革や残業についての考え方など、会社の将来や社員の労働環境といったところまでしっかりと考えていらっしゃるのだと感銘を受けました。

特に、これからのエクステリア業界はインシェアを伸ばしていかなければいけない、などといった具体的な施策を伺うことができたことは大きかったです。
これからの業界の展望や、それに対して我が社はどのように進んでいかなければいけないかという方針がとても具体的で、ぜひ一緒に働いてみたいと感じました。

落ち着きと思いやりがある職場

新卒で社会人として働くのが初めてであったため、入社前は仕事をちゃんとこなせるのか?という不安があったことを覚えています。
しかし実際に入社してみると、「教えてあげよう」という雰囲気があり、わからないことがあっても、聞けば、皆さん時間を割いてしっかりと教えていただけたのがとてもうれしかったですね。

正直、建築系の業界ということで、もっと殺伐としているのかなと想像していたのですが、とても落ち着いた雰囲気の会社だと感じています。あくまで自支店での話ですが…。
自支店は、仕事は忙しいのですが段取りがしっかりしているからか、あくせくしておらず、職場がとても落ち着いているように感じます。

印象的な言葉として、上司の支店長から頂いた「次工程はお客様」という言葉があります。自分の仕事を次の工程に回す時は、その人のことを考えて作業をしなさいという意味なのですが、お客様はもちろん、社員同士も思いやりを持って作業をすることに強い印象を覚えました。

サッカーでいえば、触るだけでゴールを決められるような優しいパスを出す、という意識が徹底された会社であると感じています。

お客様から電話で直接指名されたときの喜び

現在は、支店にて主に受注入力をメインに行っています。

今はまだ営業ではなく、受注作業を行うことで大量にある商品に関する知識を身に着けているところです。とにかく量が多いので、人気の商品などを重点的に覚えていますが、1年経っても初めて耳にする商品もあります。
覚えるのは大変ですが、新しい商品に出会ったり、だんだんと商品知識が身についていくのが面白いですね。

ある時、お客様から門柱の注文をいただいたのですが、私の方で仕様を詳しく確認せず、お客様から指示されたままの発注をしてしまったことがありました。そして取り寄せてみたところ、取り付けることができない部品が混ざっていた、という失敗をしたことがあります。

私がもっとその商品に詳しければ、発注に行う前に、おかしな点に気づくことができたと思うと、早くもっと多くの商品について詳しくならなければなりません。

一方で、普段お客様からは営業担当宛に問い合わせ電話がかかってくるのですが、お客様が直接私を指名して電話がかかってくることも徐々に増えてきました。営業担当が不在でも、私が正確にその商品について回答することができれば、お客様にとって大変助かることだと思います。

お客様が私に聞けば大丈夫だと信頼していただけるようになってきていることに、とても喜びを感じています。

いずれは営業職で活躍したい!

いまは業務職をすることで、商品知識などをしっかりと身につけて営業職をこなせる準備をしている段階ですが、いずれは営業職として、お客様からお仕事をいただくということをしてみたいです。

営業職にチャレンジしたいなら思い切って挑戦してください

我が社では、社員教育にとても力を入れており、新人研修会だけでなく、現場や営業先にも同行させていただいており、たくさん勉強できる機会があることがありがたいです。

営業職にチャレンジしたい人であれば、思い切って飛び込んできて大丈夫な会社だと思いますので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

 

NEXT→次のインタビューへ

PAGE TOP