Loading

業務職

 

 

ルート営業をしてみたい方にはうってつけの職場です


2014入社

ルート営業にチャレンジしてみたかった

前職では新聞の飛び込み営業を行っていましたが、お客様ともっと深い関係性を築くことができる営業をしてみたいと考え、ルート営業ができる仕事を探していた時に、三富の求人募集を見つけました。
地元が三富本社の近くであり、昔から名前を知っていた会社なので、これを機会に面接を受けたのが入社のきっかけです。

入社時点では、エクステリアについてはほとんど知らない状態でしたが、仕事の大変さについては、前職に比べらたらという思いがありましたので、そこまでの不安はありませんでした。

しかし、とにかく覚えることが多いのには驚きました。
仕事をしていれば覚えられる情報量ではないので、とにかく積極的に勉強したのを覚えています。

いま入社して5年目ですが、これまで発売されてきた商品については聞かれれば答えられる自信があります。ただ入社してすぐに営業に配属なることはなく、1年~2年くらいは準備期間として業務職を担当しますので、その間に商品情報等を必要な知識を覚えることができますので、その辺りの心配はないかと思います。

分業制でバックオフィスから営業職をサポート

以前はルート営業を行っていましたが、いまはチーム体制の事情でバックオフィスにて業務職として営業マンのサポートを行っています。
業務職はお客様からの電話対応・受発注・見積もり作成を行います。

我が社は工事付物件も扱っていますので、エクステリア商品をただ販売すればよいのではなく、施主様の土地に商品を設置するためには、現場の施工に関する知識も身に着けなければいけません。
これがないと見積もりが作れませんし、実際の施工管理も行えなくなります。

ですが、これらをすべて営業職が行うのは負担が大きすぎるため、分業制によって私たちが見積もりを作ったり、受発注を行うことで、営業職の負担を減らし、営業活動に専念できるようにサポートしています。
分業制は、まだまだブラッシュアップが必要ですが、日々打ち合わせを行い、よりよい体制を作ることができように改善を続けています。

去年(2018年)の台風被害では、すごい量の仕事が殺到したのですが、逆に営業職にも見積などを手伝ってもらって、何とか乗り切ることができました。

1人が1つの案件に全責任をもつのではなく、チームで1つの案件を担当する体制ができていたからこそできたことだと思います。

例えば、自支店の話になりますが、自支店にはお客様が直接電話をしてくることが増えました。

これまでは営業マンにお問い合わせの電話が行き、営業マンは支店に戻ってから回答していたため時間がかかっていたのですが、いまでは直接支店に問い合わせしていただいても、バックオフィスのスタッフがその場でお答えすることができるため、お客様はお問い合わせの答えをすぐに受け取ることができるようになりました。

ルート営業からキャリアアップしたい方にうってつけです

今後は、もっと自分でできる仕事を増やして、キャリアアップを目指したいと考えています。

半年に1回人事考課があり、そこで自分の要望を伝えたり、キャリアアップするために必要な目標設定などについて上司と話し合うことができるため、目標に向かって自分が何をすべきかが分かりやすいのが良い点だと思います。

この仕事は、大変な仕事もあると思いますが、大変な仕事ほど、達成したときのやりがいは大きいのではないでしょうか。

我が社は東海地区では老舗のエクステリア専門商社であり取引社数も多いため、ルート営業をやってみたい方にはうってつけの職場だと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

NEXT→次のインタビューへ

PAGE TOP